スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「いつすべきか?119番」を消防庁に献上しました

 先日、読売新聞に119番の通報に関する記事が掲載されました。
 以下、その記事を掲載いたします。

  ────────────────────────────────
  救急車呼ぶ事態は?119番通報マニュアル
  (2011年1月14日03時08分 読売新聞)
  http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20110113-OYT1T01225.htm
  ────────────────────────────────

   救急出動が急増する中、不要不急の119番を減らし、
   重篤な患者の搬送に影響しないようにするため、
   総務省消防庁は「救急車利用マニュアル」の作成を決めた。

   医療関係者らの意見を聞いた上で
   年度内に同庁ホームページで公表する。

   マニュアルでは、どんな症状の時に救急車を呼び、
   どんな時には控えるべきかを、成人と小児の具体的症状で紹介。

   「ためらわずに救急車を呼ぶべき症状」として、
   「ろれつが回りにくい」「胸や背中の突然の激痛」などを例にあげる。

   反対に不急にあたるケースとして、
   「転んでひざを擦りむいた」「病院でもらった薬がなくなった」
   「病院への電話がつながらない」など、実際の通報事例から紹介。

   電話しようか迷った場合は
   小児救急電話相談(電話番号#8000)などの
   利用を呼びかける。

  ────────────────────────────────

 このことを知ったワイズアップでは、消防庁にお電話した上で、
 「いつすべきか?119番」をお送りさせていただきました。

 「いつすべきか?119番」にも、
 今救急車を呼ぶべきか、それとも明日まで待ってよいのか、
 具体的な症状を掲載して、事例をご紹介しているからです。

 それがお役に立てないかとお送りさせていただいたのですが、
 後日、消防庁のご担当の方から
 ていねいなお礼のメールをいただきました。
 参考にしていただけるとのことです。

 消防庁の「救急車利用マニュアル」は、
 今年の3月末までに作成されるとのことですが、
 「いつすべきか?119番」がお役にたてばうれしいです。

 「いつすべきか?119番」は、
 全国の書店様でもお取り扱いが始まりました!
 興味があるかたはぜひ、ご覧になってみてください。

 ◇Amazon「いつすべきか?119番」
  http://www.amazon.co.jp/dp/490389004X
  インターネットからのご購入は送料無料です!
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : マーケティング
ジャンル : ビジネス

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
月別アーカイブ
管理人プロフィール

WISEUP NEWS

Author:WISEUP NEWS
ワイズアップのプロデューサーとアートディレクターとWEBディレクターの3人で、毎週メールマガジンを発行しています。

町頭範久のプロフィール
ワイズアップ代表取締役 町頭範久のプロフィールはこちらから。
お問い合わせ
ワイズアップへのお問い合わせはこちらから。
最新コメント
最新トラックバック
リンク
福岡のホームページ制作ならワイズアップへ
福岡のホームページ制作なら編集力のワイズアップへ
家庭用コンパクトな紫外線除菌器!
Amazonで第6位!
ワイズアップのホームページ
福岡(九州)の集客・顧客の囲い込みならワイズアップ
QRコード
QRコード
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。