スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドメインも国産が安全?「jp」のお話

  先日の朝日新聞でも読んだのですが、
  輸入食品の安全性が問われ、国産食品に注目が集まる中、
  インターネットの世界でも、日本産が安全という調査結果が
  出たそうです。

  インターネットセキュリティー大手のマカフィーが発表した
  「世界で最もリスクの高いドメイン」によると、
  日本のドメイン「jp」は、ウイルスに感染させたり、
  違法ファイルにたどりつくように仕掛けたりしている
  悪質サイトの割合が最も少ないとのことでした。


  【リスクが高いドメイン】
   1、cm(カメルーン)  36.7%
   2、cn(中国)     23.4%
   3、ws(サモア)    17.8%
   4、ph(フィリピン)  13.1%
   5、su(旧ソ連)     5.2%

  【リクスが低いドメイン】
   1、jp(日本)      0.1%
   1、ie(アイルランド)  0.1%
   1、hr(クロアチア)   0.1%
   1、lu(ルクセンブルグ) 0.1%
   5、vu(バヌアツ)    0.2%

  【主な国名がないドメイン】
     com         32.2%
     info        15.8%
     edu          0.1%
     gov          0.1%


  リスクが高いドメイン1位のcm(カメルーン)は、
  ドメインがcomに似ているため、
  打ち間違えるユーザーを狙ったサイトが多いのではということでした。

  また、昨年のリスクが高いドメイン1位だったhk(香港)は、
  今年から審査を厳格化した結果、34位と改善されたそうです。

  私も仕事柄、多くのドメインを取得したりするのですが、
  昔はcomが多かったのですが、今はjpを取得することが多いですね。
  安心感といいますか、ユーザーが見たときのイメージもよいのではと
  信頼しています。

  皆さんも国産製品「jp」を見直してみてはいかがでしょう。
  
 
  ◇RBB:マカフィー、ドメイン危険度を分析
   http://www.rbbtoday.com/news/20091203/64159.html


スポンサーサイト

テーマ : インターネット
ジャンル : コンピュータ

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
月別アーカイブ
管理人プロフィール

WISEUP NEWS

Author:WISEUP NEWS
ワイズアップのプロデューサーとアートディレクターとWEBディレクターの3人で、毎週メールマガジンを発行しています。

町頭範久のプロフィール
ワイズアップ代表取締役 町頭範久のプロフィールはこちらから。
お問い合わせ
ワイズアップへのお問い合わせはこちらから。
最新コメント
最新トラックバック
リンク
福岡のホームページ制作ならワイズアップへ
福岡のホームページ制作なら編集力のワイズアップへ
家庭用コンパクトな紫外線除菌器!
Amazonで第6位!
ワイズアップのホームページ
福岡(九州)の集客・顧客の囲い込みならワイズアップ
QRコード
QRコード
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。