身の周りのモノの雑菌汚れ度を測定してみました

  先日、ワイズアップである機械を購入しました。
  それは、食品や医療の現場で雑菌などによる汚れ度を検査する機械で、
  正式名称は、ATP+AMPふき取り検査「ルミテスターPD-20」、
  大きさは、コンビニで店員さんが手に持ってピッと商品登録する
  ハンディターミナルくらいの大きさです。

  さて、この検査機を購入した目的は、
  ワイズアップの家庭用紫外線除菌器「ブルーゾーン」に関する
  調査のためです。
  購入当日、身の周りのいろいろなモノの汚れ度を測定してみました。

  いろいろなところで目にする雑菌の汚れ度の数値ですが、
  実際に自ら測定してみるのは始めてで、
  理科の実験気分でワクワクです(笑)

  対象のモノに濡れた綿棒でこすり、検査機の中にセットします。
  しばらく待つとその数値がディスプレイに表示されます。
  その数値は以下です。

 ────────────────────────────────
  ■身の周りのモノの除菌汚れ度(ワイズアップ調べ)

   ●便座       2730 RLU
   ●ケータイ     5823 RLU
   ●化粧パレット   1305 RLU
   ●化粧パフ     7232 RLU
   ●A氏のマウス 9万8513 RLU
   ●B氏のマウス   9443 RLU
   ●C氏のマウス    909 RLU
   ●腕時計の裏側   8648 RLU
 ────────────────────────────────


  「RLU」とは雑菌や有機物による汚れの指標の単位なのですが、
  食品工場では1500 RLU以下をキレイと判定するそうです。

  その基準だと、私たちの身の周りのモノは、
  ほとんどキレイではないようです。

  RLUの数値が高いモノは、
  人の手指・肌が触れるモノが多いようですね。
  洗うとRLUの数値が低くなるようで、
  「C氏のマウス」が極端に低いのは、
  1日1回は拭き掃除を行っているとのことでした。

  やはり毎日の清掃・除菌は大切なようです。

  これから、雑菌が繁殖しやすい梅雨の時期、
  みなさまもお気をつけください。
  

  ◇ATP+AMPふき取り検査「ルミテスターPD-20」

  ◇家庭用紫外線除菌器「ブルーゾーン」
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : ビジネスブログ
ジャンル : ビジネス

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
月別アーカイブ
管理人プロフィール

WISEUP NEWS

Author:WISEUP NEWS
ワイズアップのプロデューサーとアートディレクターとWEBディレクターの3人で、毎週メールマガジンを発行しています。

町頭範久のプロフィール
ワイズアップ代表取締役 町頭範久のプロフィールはこちらから。
お問い合わせ
ワイズアップへのお問い合わせはこちらから。
最新コメント
最新トラックバック
リンク
福岡のホームページ制作ならワイズアップへ
福岡のホームページ制作なら編集力のワイズアップへ
家庭用コンパクトな紫外線除菌器!
Amazonで第6位!
ワイズアップのホームページ
福岡(九州)の集客・顧客の囲い込みならワイズアップ
QRコード
QRコード
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる