スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2/27(月)大名1丁目に大名麺通団がグランドオープン!

大名麺通団:外観

 ワイズアップがあるビルの正面、元ファミリーマート大名1丁目店跡に、
 2月27日(月)、「讃岐うどん大使 大名麺通団(めんつうだん)」が
 オープンいたします!

 麺通団とは、讃岐うどんブームの火付け役と言える大人気のうどん屋さんで、
 大名麺通団は、福岡では渡辺通りにある「福岡麺通団」に続いて、
 2店舗目となるお店です。

大名麺通団:メニュー


 今週2月24日(金)と25日(土)はプレオープンだということで、
 さっそく行ってまいりました。

 なんと、このプレオープン、招待客、一般客ともに無料!
 私はめんたまうどん、天ぷら、おにぎりをいただきました!

大名麺通団:うどん


 「麺の腰がちがう」とのキャッチコピーどおり、
 しこしこしてとても美味しかったです。
 お店のスタッフさんのTシャツにも
 「腰一徹」の文字が(笑) 

大名麺通団:「腰一徹」Tシャツ


 大名はラーメンを出すお店は多いのですが、
 うどんがメニューにあるお店は少ないので、
 需要があるのではと思っています。

 うどんはラーメンにくらべて価格が安いので、
 天ぷらやおにぎりなどのサイドメニューで、
 いかに客単価を上げるかも大事そうですね。

 私はうどん好きなので、通うことになると思います(笑)
 
 皆さまもぜひとも、大名の新しいメニューをお試しください。


 店名  :大名麺通団(だいみょうめんつうだん)
 所在地 :福岡市中央区大名1-11-4
 TEL :092-724-3855
 営業時間:月-土:11:00-01:00
      日  :11:00-23:00
スポンサーサイト

テーマ : こんな店に行ってきました
ジャンル : グルメ

編集やデザインで、地域活性する!

  バレンタインも過ぎ、
  暖かい春かと思えば、
  まだまだ、寒い毎日ですね。

  そんな、寒い日々ですが、
  ワイズアップでは九州各地を飛び回る取材ものを
  多く関わらせていただいています。
  季節に関わらず、取材の心配事は「天気」です。
  しかも、この時期に取材をしているということは
  雑誌であれば発刊するのは「春」。
  そんな中、取材時に雪が降っているとなると。。。。
  もう、空に反比例するように、顔は真っ青なわけです。
  なんて、上手い事を言いたいわけのではないのです。。

  ワイズアップでは、
  「九州の人を幸せ(Smile)にする」という
  企業目標を挙げて活動しています。
  九州を大きなひとつの「コンテンツ」ととらえ
  楽しきものをより楽しくさせる編集力と発信力で
  九州の価値を高める事に貢献する!
  そんな事を目標にしています。
  実際に、九州をコンテンツとした事業に
  関わらせていただいたりしています。

  先週、九州のとある3つの街に取材にいきました。
  今回は観光の取材ではなかったので、
  いわゆる「観光地」ではなく、
  どちらかというと、「観光地」になりにくい街でした。
  ただ、現地に行って、現地の人とふれあって話しを聞いて旅をしていると
  やっぱり、それぞれ「楽しい街」なんです。

  こういう街に行くと。。
  取材をしながらも、、
  自分に何ができるかな?と考えてしまいます。
  で、意外と出来る気もしています。。
  私は、編集やデザインって何も本やポスターだけに
  使われる力じゃないと考えています。
  地域を取材で掘り下げ、集めたコンテンツを編集して
  魅力的なプランにまとめる。
  そして、そのプランの見え方をデザインする。
  編集やデザインで地域活性なんて事もできるんじゃないか?
  などと、真剣に考えています。

  言っちゃった以上、実践すべく動きたいです!
  まずは、こんな事がしたいんです!!と
  色んな人に話す事から。。

テーマ : マーケティング
ジャンル : ビジネス

有田町の取材で感じた「伝統の継承」

  この業界に入り、14年が経過しましたが
  先日初めて故郷を取材する機会がありました。
  佐賀県の有田町。焼き物の町です。
  とある冊子の制作で、「伝統の継承」をテーマに
  職人さんや工場を取材しました。

  改めて訪れ、取材をし、まず感じたのは
  自分が『故郷のことをぜんぜん知らない』ということ。
  恥ずかしくもありましたが、今回、そのことに気づくことができ
  よかった、と思いました。

  故郷、有田町も不況の影響を受け産業が衰退しつつあります。
  (そういう話を帰省するごとに耳にしていました)
  実際に焼き物の卸会社や関連企業がいくつも倒産した時期もありました。
  今でこそ有田焼にも新しいスタイルが出始め、
  昔とはまた違った人たちが焼き物に興味を持ちはじめています。
  若い職人も台頭し、活性化しつつあるようにも思えます。
  今回は「伝統と継承」をテーマに取材をしましたが、

  有田町は確かに技術の継承が行われていました。
  不況になってよりその動きが大きくなってきているのでは?とも
  感じます。

  でも、なぜか「あまり変わっていかない。変化がない。
  なぜだろう?」と思う気持ちも・・・。
  「伝統」はときに、変化を妨げるものにもなり得る?ということでしょうか。

  以前、15周年にとある社長さまからいただいた
  「変わり続けているから、変わらずにいられる」
  との言葉を思い出しました。
  有田町は2016年に有田焼発祥400周年を迎えます。
  もちろんさまざまなイベントを仕掛けていかれることと思いますが、
  ここはぜひ、変化のきっかけを作ってほしいと思いました。

  すばらしい歴史と伝統が脈々と受け継がれる町。
  その伝統を絶やしてほしくないですし、もっとたくさんの人に知ってほしい。

  「地元出身の若者に、有田の魅力を伝える」ことをテーマに
  何か仕掛けられないものかな、と考えています。

  地元の歴史を知ると、ますます地元が見えてくるからです。
  小さいころに通っていたとある場所が、魅力的に見えてきたり、
  そして、
  「魅力的に感じ、気になりだすと、ちょっと大切にしたくなってくる」
  のではないかと。
  これから少しづつでも、地元の発展に貢献できるようなことを
  行っていきたいと思います。

  九州や日本には、まだまだ同じような状況の地域がたくさん存在します。
  変わらない、魅力的な、伝統と継承の発展のために、
  ワイズアップでも取材やその紹介を通して、
  伝えていくことができればと考えさせられました。

テーマ : 気になるニュース
ジャンル : ニュース

博多区の住吉神社様の節分祭で、豆撒きをさせていただきました!

  本日2月3日(金)節分の日に、いつもお世話になっている
  博多区の住吉神社様の節分祭で、豆撒きをさせていただきました!

  そもそも節分祭(せつぶんさい)とは、
  黄金4つ目の「方相氏(ほうそうし)」が盾と矛を持ち、
  悪疫に霊験があるといわれる「桃の弓」「葦の矢」を以て鬼を追い払う、
  除災招福の追儺(おにやらい)の神事だそうです。
  武力にて鬼を追い払う神事ですね。

  その中で、弊社の町頭と私は、豆撒き行事に参加させていただきました。
  神楽殿から集まった人たちに豆を撒く行事なのですが、
  その前にお祓いを受けたとき、宮司さんから面白い話を聞きました。

  豆撒きとは、豆を鬼にぶつけて追い払う行事だと思っていたのですが、
  実際は逆で、鬼に豆を差し上げる行事なのだそうです。
  「豆を持ってお引き取りください」と上から投げるのではなく、
  ソフトボールのピッチャーのように、差し出すのが本当なのだそうです。

  では、神楽殿からも差し出すように投げるのかというと、
  「それでは、遠くまで届かないので、上から投げてください」とのこと(笑)

  現場の都合で、行事も形を変えていくものなのですね。

  町頭と私が豆撒きさせていただいた写真はこちらです。

住吉神社:節分:桃の弓と葦の矢

住吉神社:節分:豆撒き01

住吉神社:節分:豆撒き02

住吉神社:節分:豆撒き03

住吉神社:節分:豆撒き04


  住吉神社様、ありがとうございました。


  ◇【公式】福岡(博多)の筑前一之宮 住吉神社
   http://chikuzen-sumiyoshi.or.jp/

テーマ : 気になるニュース
ジャンル : ニュース

最新記事
月別アーカイブ
管理人プロフィール

WISEUP NEWS

Author:WISEUP NEWS
ワイズアップのプロデューサーとアートディレクターとWEBディレクターの3人で、毎週メールマガジンを発行しています。

町頭範久のプロフィール
ワイズアップ代表取締役 町頭範久のプロフィールはこちらから。
お問い合わせ
ワイズアップへのお問い合わせはこちらから。
最新コメント
最新トラックバック
リンク
福岡のホームページ制作ならワイズアップへ
福岡のホームページ制作なら編集力のワイズアップへ
家庭用コンパクトな紫外線除菌器!
Amazonで第6位!
ワイズアップのホームページ
福岡(九州)の集客・顧客の囲い込みならワイズアップ
QRコード
QRコード
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。