スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ワイズアップ プロデュースCM!9月5日(日)は福岡のTVCM界で革命が起こる!!!

TVCM完成しました!



最近朝晩、少しだけ涼しくないですか?
そろそろ秋がやってくるのでしょうか。

さて、みなさんは週末、日曜日の朝
いつも何をして過ごされていますか?

散歩をする方、新聞を読む方、
日曜だから寝ている方、
いろいろいらっしゃると思いますが、
今度の日曜日、
9月5日(日)は関口宏さん司会の
『サンデーモーニング』(日曜日あさ8:00~9:54)
をぜひご覧下さい!

なぜかと言うと・・・
福岡県で初(!)のTVCMが見れるから。
<しかもWISE UPプロデュース!>

どういうこと?と思われるかもしれませんが、
実は、弊社クライアントの
『福田税務/労務合同事務所』様が福岡県下で初めて、
TVCMを打たれるのです!!

お隣の佐賀県や長崎県では
前例があるそうなのですが、福岡県では前例無し。

さて、その内容ですが
劇画タッチの加工写真を使ったり、
矢沢永吉氏の大ファンでもある同事務所所長の
熱い想いからBGMもノリ♪のいいPOPSだったり。
税務事務所の固いイメージは全くありません。

そして何より
このCM、30秒あります!
同事務所は、税理と労務にとどまらず、
人材育成や販促のサポートも手掛けられるのですが、
そのコンセプトや業務内容をテンポよく紹介しています。

税務会計だけじゃない!→TAX&MORE
共に“強く”在り、栄える→強存強栄

同事務所の事業テーマやコンセプトは、
こんなCMを制作してしまう所長様ほか
みなさまの熱い想いがあるからこそ
生まれてくるものなんだろうなと思いました。
どれだけ「気持ち」をキープするか、
キープし続けるか。大切ですね。

福岡県では初の試みとなる
税理士事務所のTVCM。
どんな反響を生むのか、とても楽しみです。

ちなみに11月までのTVCM放映期間中は、
お悩み無料相談会も実施中。
(※相談会は月曜日・木曜日のAM10:00~PM17:00)
お申し込みの方にはもれなく、
福田英一所長の「情熱DVD」もプレゼントされます。

お申し込みは9月5日(日)から。
ぜひホームページをチェックしてみて下さい。

◇福田税務/労務合同事務所
 http://www.fukuda-j.com/
スポンサーサイト

テーマ : マーケティング
ジャンル : ビジネス

Twitterで200億つぶやきを突破!日本からの利用は前年の19倍!

  Twiiterのつぶやきが、200億件を突破したそうです。
  その200億件目のつぶやきは日本からだったとか。

  以下、その記事を転載いたします。

  ─────────────────────────────────
  <@niftyビジネスニュース> 2010年8月3日(火)7時50分配信
   Twitter「つぶやき」200億回を記録、日本のユーザーが投稿

   世界各国で利用者を広げるミニブログ「Twitter」が、
   2010年8月1日に記念すべき200億番目のツイート(つぶやき)を記録した。

   投稿したのは日本の利用者で、
   たちまち世界各国からさまざまな言語で祝福が集まった。

   8月1日に200億番目の投稿があったとの情報がTwitter上を走ると、
   投稿した利用者あてには日本語のほか英語、スペイン語、中国語
   といったさまざまな言語で祝福のリプライ(返信)が集まり、
   さらにこの話題のための専用ハッシュタグ「#20billionthtweet」まで
   登場し、大きな盛り上がりを見せた。

   インターネット動向を追いかけるのに熱心な海外メディアも次々に反応し、
   米ComputerworldのようなIT専門媒体だけでなく英The Guardianのような
   大手紙も、200億番目の投稿をしたのは日本の利用者だったと報じた。

   最近のTwitterの急速な規模拡大と、
   日本でのTwitter人気を象徴する出来事ととらえた内容だ。

   Twitterの投稿数が100億回に達したのは2010年3月初めで、
   2006年のサービス開始からほぼ4年の歳月を必要とした。

   しかし150億回の突破はわずか3カ月後の2010年5月末。
   150億番目の投稿も日本の利用者によるものだった。

   その後さらに2カ月で50億回の投稿があり、
   再び日本の利用者による投稿で200億の大台に達した。

   実際、2010年6月時点で日本は世界で2番目にTwitterへの投稿数が多く、
   米国の25%に次いで全体の18%を占めるとの調査結果を、
   フランスの調査会社Semiocast がまとめている。

   6月に開かれたサッカー・ワールドカップの日本対デンマーク戦では、
   終了時にTwitterで1秒当たり3283回の投稿という過去最高の数値を出し、
   同月に行われた米プロバスケットボール「NBA」決勝戦での
   1秒当たり3085回という記録を破った。

   ネットレイティングスが6月末にまとめた調査によると、
   日本のTwitter利用者は2010年時点で前年の19倍に増え、
   アクティブユーザー(実利用者数)に限ればすでに
   米国を追い抜いているという。

  ─────────────────────────────────

  日本からの利用は、前年の19倍だそうです。
  しかも、アクティブユーザー(実利用者数)に限れば、
  米国を追い抜いているとか。

  私自身もツイッターを行っていて、利用者の増加は肌で感じますし、
  大手企業や有名芸能人の参入も、利用者増加に拍車をかけている気がします。

  人が集まるところにビジネスチャンスがありますので、
  当然の流れかと思うのですが、
  これって、ブログが流行ったときとパターンが同じですね。

  となると、次に来るのはアフィリエイトかもしれません。
  つぶやきがお金に変わる、ということになれば、
  さらに勢いが増しそうですが、さて、どうなるでしょう。

  ●@niftyビジネスニュース
   http://news.nifty.com/cs/economy/economyalldetail/nifbiz-20100803-to0803/1.htm


  ●ワイズアップ on Twitter
   http://twitter.com/wiseup_fukuoka/

テーマ : Twitter
ジャンル : コンピュータ

ワイズアップから発行!緊急疾患の対処本「いつすべきか?119番」

いつすべきか?119番:表紙

  「突然、頭が痛くなったとき」や「めまいがしたとき」、
  あなたはどうしますか?

  一秒を争って病院で受診すべきなのか、
  それともしばらく休めば回復するものなのか。

  その判断で、人生が大きく変わることがあります。

  ワイズアップでは先日、一冊の本を発行いたしました。
  本のタイトルは、「いつすべきか?119番」。

  日常で起こりえる緊急疾患の際の対処方法として、
  福岡の現役の救急医の方が執筆された本です。

  「急げばきっと間に合う命がある!救急疾患の治療の遅れを防ぎたい!」
  という思いから生まれたこの本は、

  「どんな症状の時に、119番コールして救急受診すべきなのか?」、
  「どんな症状の場合は、翌日の受診でもよいのか?」

  の判断の助けとなる一冊になっています。

  あなた自身の、またはあなたの大切な家族の「もしも」のときに備えて、
  事前に知っておきたい知識を掲載しており、
  「頭、胸、背中・腰、息、お腹、手足、吐き気、意識、めまい、動悸」の
  10項目別に、体の異変とその症例別に解説しています。

至急119番コールを!

  巻末の付録『緊急時早見表』は、トイレの壁や固定電話の横などに
  貼ることができて、いざという時に活用できます。

いつすべきか?119番:緊急時早見表

  離れて暮らすご両親へ。
  また、各ご家庭に安心のために常備しておきたい一冊です。

  ただいま、Amazonで販売中です(今なら送料無料!)
  http://www.amazon.co.jp/dp/490389004X


  ワイズアップでもお取り扱いしておりますので、
  お気軽にお問い合わせ下さい。
  (こちらは、手数料300円が別途かかります)

  また、この本の著者、河崎一生先生からのメッセージが
  ございますので、掲載させていただきます。

  ────────────────────────────────
  ◎「いつすべきか?119番」著者・河崎一生先生からのメッセージ

   はじめまして。著者の河崎一生と申します。

   福岡市天神の済生会福岡総合病院救命救急センターの救急医として
   勤務しており、現在5年目の医師でございます。

   今回、「救急疾患の手遅れを防止すること」を目的とした本を
   出版させて頂きました。

   本の趣旨は、「重篤な救急疾患の発症の早期発見」につながる
   基本知識を分かり易いイラストで多くの方々に伝えて、
   「助かる可能性のある患者さんが手遅れになることを少しでも防ぐ」
   ことです。

   日常の救急医療の現場では、あと1時間早く救急車を呼んでいたら
   助かった可能性のある患者さんが多数います。

   例えば脳梗塞の患者さんは発症3時間以内であれば、
   薬剤の使用により運動麻痺(片側の腕と足を動かせない)や
   構語障害(話すことが出来ない)が完全に回復する可能性があります。

   他にも急性大動脈解離を発症した場合、
   あと数分早く病院に到着することができれば、
   心臓の停止を避けることのできた可能性があります。

   私は、救命救急の現場で「救急疾患の治療が手遅れとなり、
   命の助からない人がいるという現状」の一部を打開できるのでは
   ないかと日々考えております。

   それは更なる医療技術の進歩によるのではなく、
   「重篤な救急疾患の発症の早期発見」につながる基本知識を、
   一般の方々に広く知って頂くことによります。

   少しの知識があるだけで、その手遅れを防止できる可能性があります。

   知識の内容項目の数は、本書にありますように
   決して多くはございません。
   中高年齢の方々に知って頂いて、
   そのような知識が日本国民の常識となり、
   お茶の間や近所付き合いなどの
   世間話の話題となるような状況を望んでいます。

   必ずや「重篤な救急疾患の手遅れ防止」につながり、
   悲しい別れやつらい後遺症に至る可能性を減少させることができると
   考えております。

   医療技術が進歩している現在、ほんの少しの知識がなかったために、
   その医療技術の恩恵を受ける機会を失い、
   手遅れとなっている方々の数を減少させたいと日々痛感しております。

   現在、この日本には「救急疾患の手遅れ防止」を目的とした
   一般の方々向けの情報が、私の知る限り存在しておりません。

   その知識の普及に関しまして、よろしければお力添えを頂き、
   またご協力頂けましたら幸いでございます。

   何卒よろしくお願い申し上げます。

              河崎一生 熊本大学医学部卒業
              済生会福岡総合病院 救命救急センター所属

  ────────────────────────────────

  ◇Amazon「いつすべきか?119番」
   http://www.amazon.co.jp/dp/490389004X
   Amazon、今なら送料無料です!
最新記事
月別アーカイブ
管理人プロフィール

WISEUP NEWS

Author:WISEUP NEWS
ワイズアップのプロデューサーとアートディレクターとWEBディレクターの3人で、毎週メールマガジンを発行しています。

町頭範久のプロフィール
ワイズアップ代表取締役 町頭範久のプロフィールはこちらから。
お問い合わせ
ワイズアップへのお問い合わせはこちらから。
最新コメント
最新トラックバック
リンク
福岡のホームページ制作ならワイズアップへ
福岡のホームページ制作なら編集力のワイズアップへ
家庭用コンパクトな紫外線除菌器!
Amazonで第6位!
ワイズアップのホームページ
福岡(九州)の集客・顧客の囲い込みならワイズアップ
QRコード
QRコード
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。