スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イムズ「京都[永楽屋400年] 14世・細辻伊兵衛てぬぐいアート展」

【イムズの吹き抜けを大胆に装飾するてぬぐいアート】

本日2/2(火)よりイムズにて、「京都[永楽屋400年] 14世・細辻伊兵衛(ほそつじいへ)てぬぐいアート展」が開催されました。

現在の手ぬぐいブームの仕掛け人であり、昨年12月にTV「ガイヤの夜明け」で紹介された14世・細辻伊兵衛氏のアート作品が展示されています。

昨秋、東京・青山「スパイラルガーデン」のアート展で話題となった作品や、イムズの吹き抜けならではの12.5mのオリジナル作品など。

2/6(土)には細辻伊兵衛氏によるトークショーも開催予定です。
期間は2/15(月)まで。

イムズ「京都[永楽屋400年] 14世・細辻伊兵衛てぬぐいアート展」
http://www.ims.co.jp/special/1602tenugui/

s_IMG_0124.jpg

s_IMG_0133.jpg

s_IMG_0125.jpg

s_IMG_0129.jpg

s_IMG_0135.jpg

s_IMG_0128.jpg

s_IMG_0138.jpg

s_IMG_0131.jpg

s_IMG_0134.jpg

s_IMG_0130.jpg

s_IMG_0127.jpg

s_IMG_0136.jpg

s_IMG_0137.jpg

s_IMG_0132.jpg

s_IMG_0126.jpg
スポンサーサイト

キャナルシティ博多で「ジャングルウォータースプラッシュ」と「キャナル恐竜ワールド」がスタート!

明日7月18日(土)からキャナルシティ博多で開催される「ジャングルウォータースプラッシュ」と「キャナル恐竜ワールド」のプレビューにお伺いしてきました。
今年のキャナルシティ博多も、豪快にウォータースプラッシュしています。音楽は、映画「ジュラシック・ワールド」のテーマ曲です。
今年のキャナルシティ博多も、豪快にウォータースプラッシュしています。音楽は、映画「ジュラシック・ワールド」のテーマ曲です。

会場の中央に、「ジュラシック・ワールド」の看板があります。その左右には、最大クラスの肉食恐竜「ティラノサウルス」と「スピノサウルス」の姿があり、まさにジャングルの雰囲気です。
会場の中央に、「ジュラシック・ワールド」の看板があります。その左右には、最大クラスの肉食恐竜「ティラノサウルス」と「スピノサウルス」の姿があり、まさにジャングルの雰囲気です。

吹き上げられた水が、まるでジャングルのスコールのように、どしゃ降りとなって落ちてきます。
吹き上げられた水が、まるでジャングルのスコールのように、どしゃ降りとなって落ちてきます。

ジャングルウォータースプラッシュのしぶきは、最高30mまで上がります。
ジャングルウォータースプラッシュは7月18日(土)~8月31日(月)の期間中、毎時00分に映画「ジュラシック・ワールド」のテーマ曲とともに噴水ショー「ダンシングウォータースプラッシュ」があります。
ジャングルウォータースプラッシュのしぶきは、最高30mまで上がります。

「キャナル恐竜ワールド」も同時開催中。北九州市立「いのちのたび博物館」の協力の下、動く恐竜ロボットが展示されています。場所はB1Fムーンウォークとサンプラザステージです。
最大クラスの肉食恐竜「ティラノサウルス」。動いて吼えます。
最大クラスの肉食恐竜「ティラノサウルス」。動いて吼えます。

こちらも最大クラスの肉食恐竜「スピノサウルス」。
こちらも最大クラスの肉食恐竜「スピノサウルス」。

「イグアノドン」。近づくと反応して、動いて吼えます。
「イグアノドン」。近づくと反応して、動いて吼えます。

「アンキロサウルス」。
「アンキロサウルス」。

「パラサウロロフス」。
「パラサウロロフス」。

ちょっと見つけにくい、隠しアイテム的な「恐竜の卵」。恐竜はこの他に、「トリケラトプス」「ブラキオサウルス」「プテラノドン」もいます。
ちょっと見つけにくい、隠しアイテム的な「恐竜の卵」。

「ジュラシック・ワールド」クイズラリーも同時開催です。また、映画「ジュラシック・ワールド」は8月5日(水)より公開です。
「ジュラシック・ワールド」クイズラリーも同時開催です。

詳しくは公式ホームページをご覧ください。

●キャナルシティ博多 PLAY!! CANAL SPLASH!
 http://canalcity.co.jp/playcanalsplash2015/


●ジャングルウォータースプラッシュ!!
 http://canalcity.co.jp/news/event/819


●キャナル恐竜ワールド
 http://canalcity.co.jp/news/event/817

天神に「ピンクベリー福岡天神店」と「天神明治通りカフェ」がオープン!

明日7月18日(土)に天神セントラルプレイス跡地にオープンする「ピンクベリー福岡天神店」と「天神明治通りカフェ」の内覧会にお伺いしてきました。
明日7月18日(土)に天神セントラルプレイス跡地にオープンする「ピンクベリー福岡天神店」と「天神明治通りカフェ」の内覧会。

場所は天神セントラルプレイス跡地(福岡市中央区天神1-10-24)です。2店鋪が1つの建物の中に入っています。
場所は天神セントラルプレイス跡地(福岡市中央区天神1-10-24)です。2店鋪が1つの建物の中に入っています。

道路の向い側からも目立っています。
「ピンクベリー福岡天神店」と「天神明治通りカフェ」、道路の向い側からも目立っています。

窓が広く、明るい店内です。
窓が広く、明るい店内です。

まずは「天神明治通りカフェ」からいただきます。
「天神明治通りカフェ」のスタッフのみなさん。

「天神明治通りカフェ」オススメの手作りソーセージサンド。絶品ソーセージが自慢の一品です。
「天神明治通りカフェ」オススメの手作りソーセージサンド。絶品ソーセージが自慢の一品。

次は「ピンクベリー福岡天神店」。日本では東京お台場、大濠公園に続き、直営店3店鋪目です。ピンクベリーは世界23カ国で、267店鋪を展開しています。
「ピンクベリー福岡天神店」は、日本では東京お台場、大濠公園に続き、直営店3店鋪目です。ピンクベリーは世界23カ国で、267店鋪を展開しています。

収穫から一度も冷凍、缶詰、シロップ漬けなどの加工をしない、新鮮なピンクベリーのフルーツ。
収穫から一度も冷凍、缶詰、シロップ漬けなどの加工をしない、新鮮なピンクベリーのフルーツ。

左が「フローズンヨーグルト」、右が「フルーツパフェ」。ピンクベリーでは、無脂肪牛乳と無脂肪ヨーグルトを使用しています。
左が「フローズンヨーグルト」、右が「フルーツパフェ」。ピンクベリーでは、無脂肪牛乳と無脂肪ヨーグルトを使用しています。

「ピンクベリー福岡天神店」と「天神明治通りカフェ」ともに、明日2015年7月18日(土)からオープンです。
「ピンクベリー福岡天神店」と「天神明治通りカフェ」ともに、明日2015年7月18日(土)からオープンです。

●天神明治通りカフェ
810-0001
福岡市中央区天神1-10-24
TEL:092-406-3591
URL:なし
OPEN:11:00-22:00
年中無休

●ピンクベリー福岡天神店
810-0001
福岡市中央区天神1-10-24
TEL:092-716-3911
URL:http://pinkberryjapan.com/
OPEN:11:00-22:00
年中無休

インキューブ4Fにメンズ雑貨コーナーがオープン!九州初の「モレスキン アトリエ」も!

2015年6月26日(金)、インキューブ4Fにメンズ雑貨コーナーがオープン!九州初の「モレスキン アトリエ」も登場しました。
九州初登場のモレスキン アトリエ」

カラフルなモレスキングッズ。
カラフルなモレスキングッズ

手書きのイラストやメモをAdobe製品やevernoteに転送できるスマートノートブック。
手書きのイラストやメモをAdobe製品やevernoteに転送できるスマートノートブック

モレスキンテイストのiPhone6ケース。
モレスキンのiPhone6ケース

自立するバックバッグが人気だそうです。
モレスキンのバックバッグ

車のハンドルなどにも使われている特殊レザーを使用した革小物ブランド「ノイ インテレッセ」のグッズも販売しています。
車のハンドルなどにも使われている特殊レザーを使用した革小物ブランド「ノイ インテレッセ」

メンズ美容・身だしなみコーナーには、約350種類のグッズがずらり!
メンズ美容・身だしなみコーナー

タワーレコードの音楽雑貨コーナーもあります。店員さんに写真撮影用のフレームを持っていただき、撮影に応じていただきました。
タワーレコードの音楽雑貨コーナー

ぜひ一度行かれてみてください。

キャナルシティ博多従業員向け講演会に、「キム兄」こと木村祐一さん登場!

2015年6月23日(火)、福岡地所が開催した「キャナルシティ博多従業員研修」に、お笑い芸人の「キム兄」こと、木村祐一さんが講演会に登壇され、弊社も取材に参加させていただきました。
「キム兄」こと、木村祐一さん

講演会場はグランドハイアット福岡で、講演会のテーマは「人を楽しませる方法」。木村さんはキャナルシティ博多の従業員約100名を前に、ご自身のホテルでウエイターとして働いていた時の話やNSC(吉本総合芸能学院)での講師の経験、また、明石家さんまさん、ダウンタウンの松本人志さんのエピソードを交えながら、約1時間話されました。
キャナルシティ博多従業員研修・木村祐一講演会「人を楽しませる方法」

福岡地所がキャナルシティ博多の従業員教育にお笑い芸人をお招きするのは初めてとのことでしたが、エンターテイメント性を大事にして、かつ、日本のみならず、言葉が違う外国のお客様も多いキャナルシティ博多の従業員教育にはぴったりの講演だと感じました。
キャナルシティ博多従業員研修・木村祐一講演会「人を楽しませる方法」登壇

講演会後のインタビューで、ダウンタウンの松本さんが先日のTV番組「ワイドナショー」で世界の住みたい都市について語り、福岡のことを、「住みたい!すばらしい!めちゃくちゃいい!レギュラーやりたい!」と絶賛された話をさせていただくと、木村さんは「そう言ったみたいですね。本当にレギュラーするかもしれませんよ」とおっしゃってくださり、木村さんに「木村さんの中で福岡は何番目くらいですか?」とお尋ねすると、「それはもう一番ですよ」と即答していただきました。
キム兄さんにもぜひ福岡でレギュラー番組を持っていただき、福岡を盛り上げていただきたいです。
キャナルシティ博多従業員研修・木村祐一講演会「人を楽しませる方法」インタビュー

国内3店鋪目の「IKEUCHI ORGANIC」が「博多リバレインモール by TAKASHIMAYA」内にオープン!

国内3店鋪目の「IKEUCHI ORGANIC(イケウチオーガニック)」が「博多リバレインモール by TAKASHIMAYA」内にオープン。写真のレンガは、ビートルズが初めてライブを行ったライブハウスのレンガだそうです。
IKEUCHI ORGANIC
http://www.ikeuchi.org/


IKEUCHI ORGANIC、博多リバレインモール by TAKASHIMAYAにオープン!

「タカシマヤ キッズパティオ」が「博多リバレインモール by TAKASHIMAYA」内にオープン!

明日6月12日(金)に「博多リバレイン イニミニマニモ」から名称が変わる
「博多リバレインモール by TAKASHIMAYA」内の、
「タカシマヤ キッズパティオ」の内覧会に参加してきました。
奈良屋幼稚園の子どもたちが遊んでいたのですが、とても楽しそうでした!
「タカシマヤ キッズパティオ」のホームページ
http://www.takashimaya.co.jp/store/special/kidspatio/

博多リバレインモール by TAKASHIMAYA内のキッズパティオ

60年間、画を描き続けた人

  年度末を乗り越え、気がつけば4月も中旬。
  この調子だとあっという間に夏がやってきそうです。

  昨年の11月ころから撮影や打合せを重ね、
  ようやく週明けに画集を納品します。
  個人的にも画集を制作したのは初めて。

  小谷修一さん、17歳で福岡県美術展に入選してから
  約60年間に渡り画を描き続けた人。
  2年前にお亡くなりになられ、これが人生初の画集。
  ということで全ての打合せは80歳を超えた奥様と。

  幸いにも、故人が残されていた資料が豊富にあったため
  なんとかカタチにはなりましたが、
  全くの素人同然、しかもご高齢の奥様にとっては
  大変苦労されたことと思います。

  途中、なかなか制作が進まず
  わたくしも苦労しましたが、納品を前にして
  本当にこの仕事に携わることができよかったな、と。

  なぜなら、
  一生懸命に、本気で、強いハートで、
  画集の完成を目指して作業をこなされるその姿を
  目の前で見ることができ、気持ちを肌で感じられたから。
  お母さんのご自宅で修一さんの遺影を前に、
  2人きりで、いったい何時間話をしたことか。

  約30年間、能古島のアトリエで毎日、画を描き続け
  海や雲、鳥、草木が独特の視点、タッチで描かれている作品たち。

  今度のゴールデンウィークに、福岡市美術館で遺作展が行われます。
  約60点ほどが、能古島のアトリエからやってきます。

  美容師として家計を支え、2人の子供を育て、
  旦那さまの絵描き人生を支援し続けた奥様にとって
  ようやくたどり着いた、ひとつの終着地点。

  ぜひ、1人でも多くの方にご覧いただければと
  心から願っています!

  皆様もぜひ、ゴールデンウィークは福岡市美術館へ
  足をお運び下さい。

  ○小谷修一遺作展
   2014年4月29日〜5月6日
   福岡市美術館 特別展示室B(入場無料)
   福岡市中央区大濠公園1-6
   9時30分〜17時30分(入館は1時まで)
   http://www.fukuoka-art-museum.jp

テーマ : ビジネスブログ
ジャンル : ビジネス

プレゼンテーション日和

  天気は良いが、気温は低い。
  そんな日々が続いていますね。
  だけど、気分はもう春です。

  そんな気分が影響したのか、
  今日も、外に出るといつも通り気温は低く、充分寒いのですが、
  今朝は何故か、バタバタと朝起きてシャワーを浴びると
  「おっ!今日は暖かい!」という錯覚に陥ってしまいました。

  私は老猫と暮らしているのですが、
  彼がやたらと寒がりでずっとヒーターにくっついてばかりなので、
  「ほら!もう、春がきたぞ!外は暖かい!」と窓を開けてやり、
  「今日はちょっと窓を開けていってやろうかな」と気を利かせて
  少しだけ窓をあけたままにして、
  いつもより薄着でコートを羽織らず家を出てきました。

  外に出ると。
  ありゃ、思ったよりだいぶ寒いなと。。
  ちょいと、老猫の1日が若干心配な午後ですが、
  寒ければ自分で閉めるかな。と。

  今日は、コンペティションについて最近思う事を。
  私はコンペティションが嫌いだけど、好きです。

  嫌いなのは、
  ほんとは、何度も何度もブレストしながらじっくり話して
  創って行った方がいいのになぁ。と思うのと。

  勝たないと何も始まらないので、
  そもそもやった方が良い事を考えるよりも
  どうしても勝てる事は何だろうとばかり考えてしまいます。

  そうすると、何だかそもそも、そこに解決すべき問題はないのに
  悩むことが趣味の大学のサークル部長みたいな気分になります。

  好きなのは、
  こちらの提案がクライアントの想定を超えて
  解決を超えて新しい地平が見えました!みたいな事になると
  あぁ、確かにこれはコンペでしか出てこなかったなぁと
  コンペティションという方法もありだなぁと思います。

  あとは、やっぱりプレゼンテーションで話す
  あの舞台感が単に好きなんだろうと思います。

  あくまで、勝ち負けがついてくるコンペティション。
  色々なコンペティションもプレゼンテーションも経験してきましたが
  好きで得意と思ってますが、大した必勝法もありません。
  だけど、最近気がついた事があります。
  今頃か?という突っ込みは甘んじて受けます。

  それは、クライアントの課題が私たちの提案で解決できそうだと 
  思ってくれる事が大前提なんですが
  その上で、
  「私達は何者でその私がこう考えてみました。」という事に
  共感してくれた時は“決まりやすい”し、
  その後も“上手く行く”。という事です。

  特に、「何者なんです」だからこんなことを考えられたんです。
  って事にご納得いただけると“行ける”ことが多いです。

  ワイズアップの場合ですと。
  やっぱり私たちは「編集者」なんです。
  デザイナーもコピーライターも営業もみんな「編集者」なんです。

  ゼロから1を生み出すよりも、
  世の中から1にしか捉えられていない価値を4とかに見える切り口を探す。
  それは、もちろんそのものが4の価値がないと無理なんですが・・・

  でも、ほとんど良いものや新しい価値は過小評価されている事が
  ほとんどだと思います。

  これって、雑誌の特集ネタと似てるんです。
  とんこつラーメンだってなんとかカレーだって伝え方の切り口だけで
  そのものの価値があれば人気に火がつくし、ブームになりえる。

  最近のプレゼンテーション資料の1枚目は
  毎回、この「私たちは編集者」ですという紹介を付けています。

  ここは毎回使い回しです。笑
  だから、今日は編集者としてこんな事を考えてみました。
  という提案をしています。

  もちろん、「へ〜」と「だから・・・?」と反応は色々ですがね。笑
  でも、そこに「共感」が生まれないと私たちがやる意味ないしな。
  とも思っています。

  「私たちは編集者」です。という鉄板の1枚目が見たい方は
  何か、課題ください。笑 
  よろこんで、提案にお伺いします。

テーマ : ビジネスブログ
ジャンル : ビジネス

必死に続けて25年。トタン屋根のケーキ屋 ア・ラモート

  必死に続けて25年

  効率的に、もっと早く。
  世の中がそんな時代になっている。
  PCや携帯でなんでも簡単に入手できる、海外にだって
  2日もあればモノが届けられる。すごく便利だ。

  そんな時間の流れ、使い方が主流となったご時世に、
  とある取材を通じてちょっとビックリな商売人に出会った。
  熊本県の中心街、上通り商店街をひとつ外れた通称/上乃裏商店街にその店はある。
  トタン屋根のケーキ屋 ア・ラモートの新本さん。

  取材のその日も配達に出掛けられていて、お会いできたのは夕方前。
  1991年の開店からほぼ毎日、自転車で自慢のパウンドケーキを売り歩く日々。

  配達というから、ご近所さんかと思いきや、
  片道10km、20kmは当たり前、時には八代や人吉(!?)までも
  自転車で配達や行商 に出掛けられているのだ。

  取材当日は雪もちらつく厳しい寒さ。いつものスタイルだというその姿は、
  いわゆるホワイトコートにコック帽。

  見るからに寒そうな服装で取材が終わった後、
  さっそうと自転車で出掛けられた。

  お店のホームページを見ると、さまざまな過去の苦労が読み取れるが
  お話を聞かせていただいた私自身、そのひたむきさ、がむしゃらな感じに、
  バシバシと心を打たれました。

  ちなみにパウンドケーキは、
  思わず飲み物が欲しくなる(笑)ような、
  水分少なめの素朴な味わい。

  でも、旨かった!

  うまいこと回して、スムーズにコトを成すことも大事だが、
  気持ちや想いは、その根底に絶対必要なコトだと改めて考えさせられた。

  もし近くに行かれることがあればぜひ立ち寄ってみてください!

  ●トタン屋根のケーキ屋 ア・ラモート
   http://www.aramoto.jp/


トタン屋根のケーキ屋 ア・ラモート

テーマ : ビジネスブログ
ジャンル : ビジネス

最新記事
月別アーカイブ
管理人プロフィール

WISEUP NEWS

Author:WISEUP NEWS
ワイズアップのプロデューサーとアートディレクターとWEBディレクターの3人で、毎週メールマガジンを発行しています。

町頭範久のプロフィール
ワイズアップ代表取締役 町頭範久のプロフィールはこちらから。
お問い合わせ
ワイズアップへのお問い合わせはこちらから。
最新コメント
最新トラックバック
リンク
福岡のホームページ制作ならワイズアップへ
福岡のホームページ制作なら編集力のワイズアップへ
家庭用コンパクトな紫外線除菌器!
Amazonで第6位!
ワイズアップのホームページ
福岡(九州)の集客・顧客の囲い込みならワイズアップ
QRコード
QRコード
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。